東京近郊の美容外科でタトゥー除去をした

学生時に入れたタトゥーが就職の際に重荷に

まだ若い18歳ころ、高校を卒業して次は大学、もう大人だ!と変にはじけてしまった私は、手首や右後ろの腰あたりにタトゥーを入れていました。
その時には自分で決めたことを実行できたこと、大好きなシンボルが体に入ったことをやたらとスピリチュアルな世界のことだと思い込み、天にも昇る思いで幸せだったのです。
しかし、年齢を経るにつれてタトゥーは非常な重荷、つまりは邪魔になってきてしまいました。
良かったのは大学生の間だけで、学生の間はタトゥーが入っていてもOKなバイトを探しさえすればそれで良かったのですが、社会人になろうとするとそうもいきません。
腰は普段服に隠れている箇所なので大丈夫であっても、手首のタトゥーは色んなことを邪魔しました。

1日の稼ぎ久しぶりに
これぐらいになりたいわ(「・ω・)「 ガオー

そうなるにはダイエット忘れずに。自分。

明日は東京イセアクリニック 銀座院で
タトゥー除去だよ💪♥️ pic.twitter.com/khYVRKpcNq

— mao.🦋美男子美女は無言フォローします🙌♥️年齢非公開のアラサーです (@m1212yoru) 2019年9月15日
頑張ればバンドエイドで隠せるレベルの大きさではありましたが、常にバンドエイドをしているわけにもいきませんし、リストバンドなどリクルートスーツにはあいません。
舞台用のファンデーションで隠すことも考えましたが、とにかく手首のものは除去する方がいいし、後々のことを考えてもいいと思い、ついにタトゥー除去の決心をしたのです。
幸い東京近郊に住んでいましたので、タトゥーを入れるのと同じくらい簡単に除去してくれるクリニックは見つかります。

学生時に入れたタトゥーが就職の際に重荷に | 目立つ部分は東京の美容外科でレーザー治療を受ける | 1年くらいでかなり綺麗な肌へと戻る